福岡のエラボトックスできる美容外科クリニック5院

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックは切らない小顔・フェイスラインだけで91,096件の症例実績があります。
エラボトックスはリジェノックスとボトックスビスタの2種類を採用しています。

 

エラボトックスの料金
施術名 料金(税込)
リジェノックス 9,720円
ボトックスビスタ 20,000円

 

 

湘南美容クリニック 福岡院の情報

【所在地】
福岡県福岡市栄町6-1 メディアシティエスタ4階

 

【診療時間】
9:00〜18:00(年中無休)

 

【電話番号】
0120-979-430(受付時間 9:00〜23:00)

 

【アクセス】
JR「福岡駅」から約徒歩1分

 

 

 

 

 

 

品川美容外科

エラボトックスの種類は、ニューロノックスとボトックスビスタの2つから選べます。
小顔治療・顔痩せの美容整形だけで1,335,890件の症例実績があり、保証制度も充実しています。

 

エラボトックスの料金
施術名 料金
ニューロノックス

初回:1,987円(1,840+税)
2回目以降:11,988円(11,100+税)

ボトックスビスタ

初回:19,969円(18,490+税)
2回目以降:49,777円(46,090+税)

 

 

品川美容外科 福岡院の情報

【所在地】
福岡県福岡市中央区今泉1-20-2 天神MENTビル2階

 

【診療時間】
10:00〜19:00(年中無休)

 

【電話番号】
0120-345-890

 

【アクセス】
西鉄天神大牟田線「福岡駅」南口から徒歩約5分

 

 

 

 

 

 

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックの医師は日々研修に出席し、技術を高めているVST(ボトックスビスタ)認定医が揃っています。
また、医師自身の体でテストを行い、安全性で効果が高いエラボトックス注射のみ採用しています。
ディスポート、ゼオミン、ボトックスビスタの3種類があります。

 

エラボトックスの料金
施術名 料金
ディスポート 82,420円(78,000+税)
ゼオミン
ボトックスビスタ

 

 

聖心美容クリニック 福岡院の情報

【所在地】
福岡県福岡市中央区大名1-1-38 サウスサイドテラス4階

 

【診療時間】
10:00〜19:00(年中無休)

 

【電話番号】
0120-509-905

 

【アクセス】
地下鉄「天神駅」西12番A出口から徒歩約5分

 

 

 

 

 

 

ガーデンクリニック

ガーデンクリニックは20年の実績と症例数が多いクリニックです。
患者の希望により、麻酔やアイスパックなどで痛みの軽減にも対応してくれます。

 

エラボトックスの料金
施術名 料金
咬筋ボトックス

初回:108,000円(100,000+税)
プラン:54,000円(50,000+税)

 

 

ガーデンクリニック 福岡院の情報

【所在地】
福岡県福岡市中央区大名1-15-35 247ビル5階

 

【診療時間】
10:00〜19:00(年中無休)

 

【電話番号】
0800-813-9290(受付時間 9:00〜22:00)

 

【アクセス】
地下鉄「天神駅」から徒歩約3分

 

 

 

 

 

 

共立美容外科

アラガン社のボトックスビスタを採用しています。
また、共立美容外科の医師は全員VST(ボトックスビスタ)認定医です。
効果が出やすい、痛みの少ない注入方法のトレーニングも日々行っています。

 

エラボトックスの料金
施術名 料金(税込)
エラボトックス 54,000円

 

 

共立美容外科 福岡院の情報

【所在地】
福岡県福岡市中央区天神2-3-13 USHIOビル4階

 

【診療時間】
10:00〜19:00(年中無休)

 

【電話番号】
092-712-8021

 

【アクセス】
西鉄福岡「天神駅」から徒歩約5分

 

 

 

 

 

 

 

エラボトックス注射について

(出典:ガーデンクリニック

エラボトックス注射は、咬筋(こうきん)というエラの筋肉にボトックスを注入することで、筋肉を抑制して萎縮させ、エラを目立たせなくする方法です。
特に咬筋が発達している方により効果的とされ、エラがスッキリした小顔を手に入れることができます。

 

注入から1週間くらいで咬筋が動かなくなり、徐々に筋肉が萎縮していきます。
すぐに効果が得られませんが、周囲にバレることはないでしょう。

 

また、ボトックスは3ヶ月〜半年くらいで効果がなくなるため、再注入が必要です。
再注入は効果がなくなる頃が目安とされ、半年に1回のペースで5回〜6回繰り返し注入するのが理想的でしょう。
繰り返し注入することで咬筋を使わない癖がつき、半永久的に効果が持続するとされています。

 

痛み

注射針を指す時のチクっとした痛みと薬剤が体内に浸透していく時は痛みがあるようです。
また、注入前に患部を冷却するクリニックもあります。
冷却することで痛みを軽減することができ、血管が収縮するため、内出血も少なくなります。

 

クリニックやボトックスの種類にもよりますが、最小限の痛みで済むように工夫されています。

 

ダウンタイム

大まかな施術とは違うため、大きな腫れもなく、内出血もほとんどないようです。
施術も10〜15分程度の短時間で終わります。

 

しかし、血管を傷つけることで内出血することが稀にあります。
内出血がでた場合は1週間〜10日程で治まっていくでしょう。

 

内出血や腫れは医師の技術力が大きく関係してきます。
大まかな施術でなくてもダウンタイムはつきものです。
そのため、医師やクリニック選びは慎重に行いましょう。

 

 

ボトックスの種類

ボトックスビスタ
ゼオミン
リジェノックス
ニューロノックス
ディスポート

エラボトックスに使われているボトックスは主にこの5種類です。
ボトックスとは、アラガン社の「ボトックスビスタ」という商品名のことで、正確にはボツリヌストキシン製剤といいます。

 

ボトックスビスタは日本の厚生労働省から認可を受けている薬剤で安全性が高いとされています。
注入後に薬剤が広がりにくいため、ピンポイントで狙った部位に効果を発揮するのが特徴です。
また、たんぱく質の含有量が少ないので抗体ができにくく、繰り返しの注入でも効果が落ちないとされています。
このことから、ボトックスビスタを採用している美容クリニックが殆どです。

 

ボトックスビスタ以外のボツリヌストキシン製剤は、アメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる)や韓国食品医薬品安全庁で認可を受けています。
ボトックスビスタと同等の効果を発揮できることが実証されていますが、ジェネリック医薬品のため、リーズナブルで治療を行うことができます。
しかし、種類にもよりますがボトックスビスタに比べて効果が弱く、注入時に痛みを感じやすいようです。

 

そのため、アラガン社のボトックスビスタは安全性が高く、効果的なボトックスを言えるでしょう。
エラボトックスする際はボトックスの種類のほか、クリニックや医師選びも重要です。